MYZ E-60/250
MYZ E-60/250

高圧に耐えられる逆浸透膜(RO) 格納容器が実現する、運搬可能な淡水化装置。前処理装置や、より浄水量が多いE-250もラインナップされています。海や河川の工事現場で「その場で真水がつくれる」。現場を変える新しいソリューションです。

特徴

海水を1時間で60L浄水

海水を1時間で60L浄水

持ち運びできる!コンパクト設計

持ち運びできる!
コンパクト設計

NETIS認証取得済み

NETIS認証
取得済み

技術トピックス

設置・使用方法
メンテナンス方法
真水を造る
淡水化装置
RO膜の性能
RO膜の水処理の機構
弊社独自開発の逆浸透膜(RO)格納容器は、特許取得済み
ろ過された排水
貯水タンクのストックが減少し省エネにつながる!
公的機関での水道法の基準値を全てクリア
小型装置の為、分散利用も可能です
国土交通省の新技術情報システム「NETIS」登録済み
海沿い、河川沿い現場、井戸の「よくあるトラブル」に!
MYZ使用方法
塩分濃度計の使用方法
MYZで造った浄水を飲んでみよう!!
MYZ使用方法
MYZ Q&A

スペック

MYZ E-60

フレームサイズ 約 W700 × D500 × H520 ㎜
重量 約 58 ㎏
浄水量 海水使用時 50~60ℓ/h
淡水使用時 100~120ℓ/h
浄水比率 海水使用時 30%浄水、70%排水
淡水使用時 60%浄水、40%排水
使用電源 100~120V/200~250V (0.75kW)

※造水量は塩分濃度/水温/水質によって増減致します。

MYZ E-250

フレームサイズ 約 W1,200 × D550 × H665 ㎜
重量 約 108 ㎏
浄水量 海水使用時 230~250ℓ/h
淡水使用時 460~500ℓ/h
浄水比率 海水使用時 30%浄水、70%排水
淡水使用時 60%浄水、40%排水
使用電源 三相200V (3.7kW)

※造水量は塩分濃度/水温/水質によって増減致します。

前処理装置PT-1

フレームサイズ 約 W700 × D300 × H780 ㎜
重量 約 20 ㎏
フィルター(20インチ)
5μセディメントフィルター2本
0.5μセディメントフィルター1本

各種消耗品、交換パーツ、注意事項

セディメント
フィルター
(粗ゴミ用)
2つのセディメントフィルターを使用。交換頻度は原水によって異なります。
逆浸透膜(RO膜)
&ケース
淡水化装置の心臓部となる逆浸透膜(RO膜)。原水によりますが、通常使用数年は交換不要。独自開発のケースを責任を持って弊社が 交換対応致します。
交換パーツ 詳細はお問い合わせ下さい。
注意事項 ・本体使用電力とは別に取水ポンプ(0.1kW~1.5kW)の電力が必要です。
・原水からの揚程により必要な取水ポンプは異なりますので、お気軽にご相談下さい。
・定期的な洗浄/ メンテナンスが必要です。
・このページに記載された全ての製品、及び仕様は予告無く変更となる場合が御座います。
・ガソリン/ディーゼルエンジン駆動タイプ、より浄水量の大きなタイプもご用意しております。是非、お問い合わせ下さい。

FAQ

Q

完全受注生産とありますが発注後、納期はどの程度ですか?

A

ご発注の数量にもよりますが30~40日です。

Q

使用する原水はどんな水でも大丈夫なのですか?

A

油が混じった水、粘度の高い水(泥)はメインフィルターの逆浸透膜の寿命を著しく低下させてしまいますので、使用はお控え下さい。また、化学薬品や有毒物質が含まれている恐れのある水もお控え下さい。魚等の生物が生息しているかどうかが、ご判断頂く基準になろうかと思います。

Q

どれぐらい綺麗な水がつくれますか?

A

塩分濃度は0.0%、TDSメーター値は原水の状態にもよりますがおおよそ180~250ppmの間になります。WHOの基準では飲料水としての基準は500ppmと定められています。

Q

                       

浄水量は原水の水質によって変わりますか?

A

                       

変わります。
海水内の塩分濃度でも浄水量に差が出てきます。
淡水の場合ですと浄水量は2~3倍になります。

Q

                       

自身で行うメンテナンス等はありますか?

A

                       

定期的な真水での通水と薬液を使った洗浄をする必要がありますが、メンテナンス方法は簡単で誰でも行えます。
ポンプ等のオイルを必要とするパーツが含まれている機種の場合、定期的にオイルをチェックして頂きます。
詳細はメンテナンスを実施している動画をご用意しております。

Q

                       

フィルターの交換頻度、交換法を教えてください。

A

                       

原水の汚染度や使用間隔でも異なります。第一セディメントと第二セディメントの交換法は、筒を回し開けフィルターを挿し替えるだけです。

Q

                       

逆浸透膜、ポンプ等はどれだけ使用出来るのですか?

A

                       

およそ5年間対応出来る様に設計していますが、使用方法や使用原水によっては短くなることがございますのでご注意下さい。

Q

                       

海外でのサポート体制はどうですか?

A

                       

各国での代理店やサポート拠点を随時確立していく方針です。
詳細はコチラからお問い合わせ下さい。

Q

                       

故障した時はどうしたら良いですか?

A

                       

各国でのサポート体制が整うまでは弊社までご連絡下さい。
カスタマーサクセス専用ダイヤル 03-6402-5338
WEBからはコチラよりお問い合わせ下さい。

Q

                       

海水まで距離があるのですが、どのくらいの距離まで対応可能でしょうか?

A

                       

高低差及び、水平半径5m以内が取水可能エリアになります。
これ以上の場合はポンプ、タンクを設置する等の方法がございますので詳細はお問い合わせ下さい。

導入事例

Contact

弊社のソリューションに興味を持って頂きありがとうございます。
お問い合わせはこちらから。
機器に関するサポートも、承っております。